読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

あの日あの時

ずっと前、近くに猫の親子が住んでいた。

ずっと前、近くに猫の親子が住んでいた。真っ黒で、全く誰にも懐かない昔ながらの野良の母親と、その血を色濃く引きついた4匹の兄弟だった。

【グルジア】首都の散策、温泉

いまいちなじめないまま私はカズベキを後にした。それはほとんどすべて天気のせいだった。イスラム圏を出てようやくありつけた豚料理、街を闊歩する家禽。陽気なロシア人観光客の群集に気さくな宿の女主人。自力でのぼる筈だった山頂の教会と、遂に死んでし…

【グルジアへ】寝台列車のススメ/お目当てロシア軍道へ

寝台列車が大好きだ。心地よい振動で揺られながらふと目を覚ます。知らない国の知らない線路を粛々と進んでいく大きな鉄の塊、その中に自分がいることを発見する、世界地図を頭に描く、車両が1mmだけ進んでいく、そうして窓の外を、観光地と観光地のあいだに…

【イラン~アゼル国境アスタラ】全部脱げってそれなんてセクハラ、と思ったけど全然違った

「ここは随分マジメに取り調べるんですね」形式的なボディチェックからは考えられないほど執拗に胸を揉まれた入国審査の不快感を若干思い出しながら、なんとはなしにつぶやいた私のぼやきは、疑問文になって返ってきた。

【イラン】羊からの挑戦状

テヘランの街角。私は相当後悔していた。なんだってこんな店に入ってしまったんだ。それはイランで過ごせる最後の夜、大事な大事な最後の晩餐だったはずなのに。道すがら、店の中からおいでおいでされた私、もといカモはあっさりその怪しげな食堂に入ってし…

「あたし、猫」オリエントホテル・ヤズド・イラン、2014

猫してます。 ふつうに猫なんで こんなとこまでは出かけませんけど 一応ホテルで看板って言うか 接客関係のしごとしてて まあ向いてるほうかなって感じなんで 悪くはないですね。 なまえですか? 気にしたことないし、、ないかも。 そんな感じです。 おやす…

ナントカ枢軸国イラン、夜のヒトヒラ

突然イランの話をします。イスラム教国のお休みは一般に金曜日です。で、木曜が半ドン、日本で言う花金に近いイメージがあります。 そんな木曜の夜、イラン最大の観光都市イスファハンはエマーム広場を訪れました。さながら京都のような街です。四方を歴史の…

(覚書)日記の書き方

中庭で仲間と日記に何を書けばいいのか議論をした。中庭には大きな猫がいて、呼ぶといつでも膝まで走ってきてくれるサービスがついていた。当然いつでもという言葉には彼女の気が向いた時にという枕詞がつく。 一人で旅行をするときにはかかさず日記をつける…

日記(お茶の話)

ここはお茶が有名でしょ、今朝ね、おみやげにしようと思って淹れてもらってきたんだよと言ったらそのひとはずいぶんと訝しがっていたけれど、ちがう、あなたにですよと言って水筒をつきだして、全部飲まないでねといったらすごく笑っておいしいと言った。そ…

小学生の頃(天敵の先生がいた)

小学校の6年生のときの担任は今思っても天敵だった。 ふくよかで、いつも優しい笑顔を湛えた、まるでみんなのお母さんのような存在だった。 生徒からも保護者からも評判のよい先生が、私は大嫌いだった。

それはもう後悔と葛藤のかたまりのような人生ですけどカエルが、

それはもう様々な後悔と葛藤と挫折のかたまりの人生ですけど、(だいたいのひとはそうだと思いたい昨今)未来に行きたいか過去に戻りたいかといわれたら迷わず過去です。迷わずファイナルアンサーです。それはいつでしょうか。もう小学生に決まっています。…

バナナクリップの流行は世界的である。

ローカル線は、面白い。 なぜって、知らないひとの私生活を覗き見ることが出来るから。あまりよろしい趣味ではないですが、どうにもやめられません。更に面白いことに、そんな観察者である私を逆に観察してくる人間が時折出現することがあるのです。なかでも…

3年前、大地震があった②

地震があった後のことを覚えていることだけ書く。覚えていることしか書けない事実と、もう覚えていないことになってしまったたくさんについて悲しく思う。とりあえず、書けることだけ書いてみた。 ①はこちら⇒ 3年前、大地震があった① ←画像追加 - ドキドキ…

3年前、大地震があった① ←画像追加

3年前、大きい地震がありました。 何回かにわけて思い出してみようと思います。イージーモードにもほどがある。(とりとめなく無駄に長いので隠します)

ホットラインは繋がっているのか?或いは、私の好きだったせんせー

こうやってブログにぐちぐちとどうしよもないことどうしよもなく書きつづってみたり、自分から積極的によし相談してみようっていう、そういうときは全然いいらしいんだけど何でも言ってとか言われるともうだめで何も言えなくなる。本当に自分勝手だな。いち…

コーヒー信者ブラック党ですが

好きなものはコーヒーです。珈琲牛乳以外全く飲めなかったのに齢二十一にして天啓を受け、ブラック教の信者になりました。2年ほど前、コーヒーにミルクを入れるとまた別の魅力が生まれるという革新的発見をしてからは試行錯誤の毎日となりました。砂糖にも…

楽園を知っていますか(自称エロくない記事-2nd Season)

※プライバシー保護のため音声を変えています。楽園を知っていますか。そこではみんなが裸でした。早速嘘をつきました。裸だったのは端っこの一部です。そして、裸ゾーンと着衣ゾーンがうっすらと目視で判別できました。どこの話かと言うと、その名もパラダイ…

火葬ショートショート

ふた月連続で火葬場に行くってあまりない経験だったので骨について書いてみる。こういう話って苦手なひともいるのだろうか。リアルではあまり話せないので、話したいのですw■90代男性(祖父)の場合:普通に、50分程度で予想通りのお骨になった。特に印象は…