読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

感想と言えるかどうかわかりませんが、

ゆるくゆるーく都合よくがモットーです。

id:inujinさんのブログで言及されていたid:xKxAxKxさんのブログを読んでみた。同じ頃にブログを始めたぽいので親近感。そしてアクセスが伸びなくて悲しんでいるようだったのでさらに親近感www
私のブログも一日10とかざらですよ~とレベルのものすごく低い会話で通じれそうwそんな会話したくないわ悲しすぎるwww

かっこいいぞ、レコード - ロックンロールと野球とラーメン
愛を感じた。

うちにも父親のレコードコレクションがある。
だからLPとの親和性は高いけど、全然この人程じゃない。でも、音の良しあしはよくわからない私でも、CDとLPで聞くときの態度が変わるっていう話はすごくよくわかる。
私も、久しぶりにレコード回してみた。
丁寧に出して、そっと針をおくたびにドキドキする。

Wish You Were Here

Wish You Were Here

 

 

===========

上記の二人のやり取りを見て、前から感じていたこと。感想にはなってないかもしれません。

(言及とかブックマークの話はシステムからよくわかってないので書けません)


サードブロガーって言葉がなんか誤解されてしまったのは、思うに、inujinさんのせい(爆)
多分だけど、「サードブロガーに、なりませんか」というキャッチがキャッチーすぎて、あらぬ展開になってしまったのかと。個人的には素敵タイトルだと思うんですが。
私はサードブロガーを自認しているし、inujinさんの認識と一致していると信じていますが、<サードブロガーっていうのは”本来は”自称するものではない>という大前提が伝わらないひとがいるんだと思います。

なんていうのかな、、
いくつかのブログでそっち系のやりとりを見たけど、全然噛み合ってない。
A「あなたは人間ですね」
B「ひとを変なくくりで括らないでッ!」
…って会話と同列に見える。
会話になってないから。
えーっと、あんた人間じゃなかったら一体なんなんすか。どうみてもネコじゃないですよね。あれですか、ボスのCMのひとですか。私も宇宙に逃げたいです助けてください。
何かレッテルを貼られるみたいで嫌なのかな?
A「あなたは人間ですね」
B「そうですよ」
とか、せいぜいが、
B「人間って…、ま…まあ言われてみればそうですね、はい」
みたいな反応になるのが普通って思うんだけど、ね。
悪口じゃないんだから、
誉めてもいないし、


定義は
アクセス数とかはあんまり興味なく自分が書きたいことを書くし書くこと自体が好き。
媒体としてブログを面白がっている
位なのかな。

だから、
サードブロガーはそう「なろう/なりたい」と思って「なる」ものではない。
むしろ、
女だからさー、とか
北国育ちだからさー、とか
あと2㎝身長あればねー、とかそういう話に近い。
そう、「なりたい」と思っても「なれない」ことだってある。
もっとコメントほしいよおおおとか思う時、私はサードブロガーではなくなる。
書きたいから書いているんだーっていう謎のモチベーションに突き動かされているとき(=この場合はサードブロガーなんて自覚は必要なく、自動的にサードブロガーなのです)、或いは、はったりでもなんでもそんなプライドを掲げているとき(=サードブロガーで「ありたい」とき)だけ、人は私をサードブロガーと呼ぶ。
(まー誰にも見られてなければ何とも呼ばれないんだけれども…泣)

自称人間、て、変でしょ。それと同じ。

あるとするなら、「いやー私なんて人間ですからあなた(ネコ)と違ってビタミンCが自力で合成できないんすよ、まったく」みたいな謙譲表現くらいかも。
私はネコになりたい。

「ネコの話はもういいから」

つ、つまり、、
ここは、「サードブロガー だもんなぁ いぬじん」とかのほうが分かりやすかったかしらん。もっと意味わからなくなるか。そしてこれじゃきっと広まらなかっただろう。


あの記事からは、
外部的要因の虜になってしまって疲れているブロガーさんたちに宛てて、
もっと気楽に書いたら?
ブログ始めたばっかりのときって、みんな、書くこと自体が楽しかったよね?
ということを忘れている人がいたら思い出してほしいという意味しか読み取れなかったです。
純粋にいいこと言うなぁーって励まされた。

サードブロガーと呼ばれること自体を気に食わない人っていうひとは何か誤解しているだけだよね。
「冗談じゃない、俺はアフィリエイトで食ってるんだ!」な猛者や、
「別に書きたくないけどー、皆が待ってるからー」なモテる人のことは誰もサードブロガーなんて呼ばない。
何か書きたくて始めた筈のブログを、謎の指標に振り回されていて楽しめなくなったひとを、フラットに戻すためのいい表現だと思ったんだけどな。
「そういや、誰かに認められたいために書いてるんじゃなかったんだもんね」って。
「そうそう、私ってアクセス数とかに一喜一憂するタイプじゃないじゃん、書きたいから書いてるだけだし、まー日記でも書こうかな」って。

 

「サードブロガーになりたぁい」という概念は存在しなくて、
「あ、私って、サードブロガーだったわ、そうだそうだ」と自分で自分を思いだすための言葉と私は捕えています。


それから、逆に、
とにかく認められたくて書いてるんなら、その人はサードブロガーじゃないんだから、ガツガツ頑張って書けばいいとも思う。
サードブロガーがいくら増えても、頑張って努力しているひとの注目度が上がる確率のほうがずっと高いはず。注目度を上げるために色々工夫するから。
傍からは「馴れ合い」に見えても、そのひとたちはそういう努力をしているのかもしれないよ。それをそんな風にはとても言えないなー。
私は挨拶代りの星とか出来ないタイプだけど、そういうの自然に出来るひとって気遣いできてすごいと思うし、そういう優しい人の読者が増えるのは当たり前でしょ。結果がついてくるって、そういうことなんじゃないかな。

 

と、思ったりもします。

 

f:id:denkilemon:20131109002727p:plain


inujinさん⇒私の理解が違ったり、お気に障ってしまったら申し訳ありません。
私は、inujinさんの身内や取り巻きだと思ったことは一度もありませんが、普通にファンです/////

知らないおっさんのファンな自分www


多分、あのグループに入っているひとたちは、同調しないタイプの人が断然多いだろうし、何百人になってもそれぞれが一人で、影響力なんて持てない/持つ気もサラサラないのではないかと楽観的に捕えています。

以上、感想ーというか語ってしまいました。。。ほんとえらそうにすみません。。。
でも書いてみたので一応載せてみます。

 

 この記事の中でサードブロガーって17回書きました。自分で引いた。(←18個目)