読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

悩み解消の理論と実践(その3)

はじめから :"家族の肖像" - 記事一覧 - ドキドキしちゃう


===========

f:id:denkilemon:20130918193739j:plain

<あくびが でちゃう>
===========

こんばんは。
なかなかこころの動きをことばにして解説って難しいんですね、もーどうしたものやら挫折しそうですが、、
頭の中では結構スラスラいけるんですが、説明は非常に難しいです。
前回の読み返してもなんか違うなーと思う。
悩みのループから早く抜け出すために、何でもいいから原因を決めたい、て思うんだと思う。
悩みはストレスだから、原因究明ができるだけでちょっと解決するんだよね。でも、表面的に八つ当たりしても根本の誤解が解けないとすぐに反動でループに戻ってきちゃう。
原因となる誤解をほぐすとか悠長なことを言ってられないときに、手っとり早く緊急避難で誰か(または自分)のせいにするっていうほうが正しそう。

って、理論なんかなんでもよくって。
何だっけ・・・

 

えーっと、
責任意識の切り分けができない=現実がなんだったかなんて知りたくもない考えたくもない。=とりあえず、誰でもいいから犯人をでっちあげよう
まではいいですよね。
で、自分のことは棚にあげて俯瞰認知に依存していたと言ってもいいでしょう。
そうなった原因は?

 

それだけは見たくない
逃げたくてたまらない

 

隠蔽の動機はしっかりありますね。
かつ、その隠蔽に反抗する自分もいる。

 

何を隠蔽したかったのか?
ここで、またドライブレコーダーのログを再生してみましょう。

 

今日のテキストもここからですw ⇒ 父との対話(8年越し案件) - ドキドキしちゃう

「なんで、私が言ったときに、否定したの、もうバレバレだったのに」
まさかバレてないと思ってたんだよ・・・
「うそ、あんなにバレバレだったのに、バカじゃん」
ほんとうだよな・・・お前だけでも、素直になっていればな。。。

おわかりですね。
ここ、父と娘の和解シーンじゃなかったんですねー・・・てへぺろ
一方が単純に断罪している図でした。私ひどいです。

 

「うそ、」
特にこの二文字、完全に反射の結果なのがおわかりでしょうか。うそ発言の根拠は?バレバレだと"彼女が”思ったから?なーんも考えてません。哲学皆無、言いがかりに近いものです。
そこを守るために反射が出ちゃったんですね。
当時はきっと興奮していて気づかなかったけれど、

そして、

泣きながら笑っているところで、部屋に入ろうとした看護婦さんが慌ててドアを閉めた。
「告げ口して、ごめん」
いいよ、そんなの、俺がそもそも悪かったんだから。
「勝手にリュック開けたりして、ごめん」
頭の中で感情の針が振り切れて、涙が出た。
・・・何かおかしい。頭の中で何かが点滅した。
違和感は、父の言葉ですぐに消えた。
そもそも、俺が悪かったんだから、~略~

=============
テープを逆回ししてみます。

 

何かが点滅した。何かがおかしい。
「リュックあけて、ごめん」この台詞で、感情の針が振り切れたのだ。冷静になろうとあんなにがんばってたのに。それほど私にとってはタブーだったのだ。
「告げ口してごめん」は素直に言えたのに。ていうか何度も言ってたし!

 

そっか。
私は告げ口自体を後悔していたのかと思ってた。

 

・・・嘘じゃなかったら?
おとーさん、まだ私にバレてないと思ってたんだったら・・・っていうか本人そう言っているし。
何それ、知らなかった、
バレてないと思ってたんだ、、あれで(マジかよ)
いや待てよ、おかーさんだって全然気づいてなかったんだよね
確かに証拠は何もなかった・・・
何で私が気づいたかっていうと、怪しい点は多々あったんだけどさ、
私は父親の浮気をすごく疑ってたけどしっぽがつかめず、

あれあれあれ?
やっぱり私のせいで合ってないか、みなさん。

 

あれです。
父のケータイ見たんです。こっそり。
え、それだけ?

 

え・・・?

===========

キーワードはやっぱり「告発」になるんでしょうか。
あなたが逃げてきたのは、無意識に暴きたてては誰かを傷つけ失敗を繰り返してきた自分の姿からです。
十分、わかっているはずですよね。

 

もうログの引用はしませんけれど、
あなたの感情的破綻が起きるシーンは毎度毎度驚くほど同じ展開です。

 

そして、
「浮気してるでしょ」
この重要なシーンを一行で済ませたのはなぜですか。長くなりぎるから?違いますよね。
覚えてなかったからでは、ありませんか。あなたの中で、このシーンの記憶だけ、おぼろげなのではないですか。昔のことだなんて言い逃れは出来ませんよ、こんなにこの事件に拘ってきたのはあなたですから。ところがですよ、あなたの中では、かすかにかろうじて「見てないし」と言った記憶の次はもう告げ口シーンです。もともと嘘つきな人間なのに、錯乱状態になるほどの嘘をついたということですね。
「勝手にひとの秘密を見てはいけない」という道徳観念との葛藤。

 

あなたは、
自分がしたことを棚に上げて、ひとを嘘つき呼ばわりしたんですね、

 

そんな泣きそうになるところじゃありません。
責めているわけじゃないですよ、
見たままをそのまま言っているだけで、それをネタに自分を責めているのはあなたでしょう。

浮気への疑念で、見てしまったんですよね。そこには抗えなかったんですから、でも、じゃ一体どうしたらよかったんでしょう?

 

テイク1:「浮気ダメ絶対」な正義感レモンちゃんの場合
その場合プライバシーの侵害なんてくだらない道徳は自信をもって超法規的措置できますから、
「おとーさん、サイテー!怒」
母の全面的な味方になって離婚させるなり土下座させるなり、戦ったことでしょう。自分の正義にしたがっていれば
、落ち込んだ母を放ってしっぽを巻いて大学に逃げ込むなんて卑怯なマネは絶対にしなかった。

 

ちょっとキャラが違うか・・・どちらか言うと、こんな感じだったですかね。

 

テイク2:ちょっと嫌な感じのレモンちゃんの場合
「おとーさん、浮気してるでしょ」
「な、なにを・・・」
「見ちゃったw だめだよあんなところにケータイ放置してちゃ・・・それにしても浮気だなんて、いーけないんだーw」
「あちゃーバレちゃったかー・・・頼むよ秘密にしてくれよ」
「わかってるよw 全然関係ないんだけどさ、最近欲しいものがあるんだよねw」

 

我ながら最低ですが、
「異議あり、私はそこまで最低じゃないと思います!」
そうでしたっけ?

 

テイク3:調整版レモンちゃん
「おとーさん・・・私ケータイ見ちゃった・・・ごめん・・・でもなんで浮気なんか(涙)」
「お、おまえ・・・」
「まさかおとーさんが・・・(泣)」
「頼む、母さんには言わないでくれ」
「あったりまえじゃん、いやね、最近金欠でさ」

 

被告人、いかがでしょうか
「変わってないし!わざと?嫌がらせ?あなた私の弁護人でしょう!」
なんででしょう、趣味ですかねー、スイマセン。

 

どれでもいーんですが、
事件は解決。
そう、これなら何も問題はなかったんですね。

 

==========

もちろん、浮気バレ事件が父のアル中になった主要要因とは思ってません。妹が気づいたかもしれないし。何がどうなったかなんて誰にもわからないです。
ひとつ言えるのは、私がこのことを引きずって父と向き合えなくて云々と延々悩むということだけはなかったと思います。

「わたしが やりました」
この事件は私が引き起こしたものです。
この事件に関する責任はすべて、わたしのものです。

 

父がどうこうでなく、私の問題だった。
それがわかったときに、ようやく救われた気がします。救われた・・・誰が?
あるべきだった、自分です。

 

  ■

本当はこうしたかった
こうありたかったんだ

 

ずっとないことにしていた、抑圧されていた自分の本音を、あり得た自分を、地道にサルベージすることが、悩みの解消=反省だと思います。
取り返しがつかないこともあります。
自分がなんとか出来たのかもわかりません。
でも、「そうしなかった出来なかったのは○○が悪いせいだ」の蟻地獄から、「あーすればよかったのかも」へ駒を進めることができれば、
あり得た自分に息を吹き込むことが出来ると私は思います。
そういう意味で、ありえた自分は死体って訳でもないような気がします。
そうだったかもしれない自分は、生き生きと立体化して、そのままどこかに消えていきます。

そう進んでいく未来は今とは全然違ったものになっていたはずだからです。
もちろん、現実は違うんですから、卵は割れていますけれど、割れないルートもちゃんとあったんだと、
気づかなかっただけで。

 

そんなのただの夢だって思いますか?
夢じゃないです。
私が観れたのは、「そうしてみた場合」までで、その先はいいも悪いも未知数ですから。

 

じゃー今は?

今の状態、
そんなに悪いことって、ないんじゃないですか。ふつーに生きてますし。
あーあ、間違えちゃったな、あれはだめだった。
もう間違えたくないって思うから。
間違っても、答えはもっているから。
その答もまた間違いなのか勘違いかもわからないけど、そしたら違う間違いだから。また違う道はいくらでも見つけられると思う。各論はそりゃー大変だけど。
取り返しつかないみたいな状況からさてどうやって取り戻してやろうかって巻き返しをはかったり、逃げきり狙いでとか、どっちに行こうかって悩むのは楽しいですよ。
取り返しつかないと思うか、的、と思うか選ぶのは自分の自由で・・・
なんていうか、ブログ書くの楽しいですw
もっと言うとこんなめんどくさい記事やってらんねーんだよって悪態つきながら書いてますよw 基本的にぼっちの喪女だし、人生嫌になりますよw

 

自分への嘘はつかないこと。
逃げたくなったら、戦略的に。
わからなくても、やってみること。
迷ったときには不道徳な道を選ぶこと。

 

この辺に気をつけてみようと最近はよく思っています。相変わらずすぐに落ち込むし、全然うまくなんかいかないんで参考になるかはわかりません。
ただ、黙ってたって、色々、勝手に反省して試行錯誤してたのかもなーと思います。

 

  ■

以上、検察側/弁護側の最終弁論を終わります。

まったく、
弁護人検察官に加え裁判官までやらされる身にもなってくださいw

=========
す、すみません、
今がんばって巻いてますんで・・・