読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

構成破壊

※昨日の事案の自己採点は甘めにつけて67点。まあまあ/まだまだ。

内容が思い出せないように反省文を書く。意外にこういうのも私的な日記の一部であると言えるのでしょうから、

===========

 

うらみのような何かが自分の中にある状態はやっぱりあまりよろしくない
よろしくないのは自分にとってだ

それはいつも同じ結果をもたらす
現状のほとんどはバグにより生じた結果で
それはいつだってこんなにも確定事項で
(証拠に、あのひとのせいにしきれないで拗ねている未来が見えてしまった)

寝て起きる繰り返しによって自分を再起動してみる
そうしてもそうしても同じバグが出てしまう場合は
余計なプログラムを全部終了させてから
セーフモードでゆっくり思考を立ち上げてみる(回線外すのを忘れないように)

自分が周囲にどういう人間だと思われたいのだろうか考える
誰にどのように好かれたいのだろうか本気で考える
あんなやつからはちょっとは嫌われればいいのにという無邪気でよこしまな考えも涌いてでたりするかもしれない
どうやって自分の望む環境を整備するのか
誰にどうしてほしいのか
あの人になんと言われたら私は嬉しいと思うかとか

 

いつも同じ結末があるとしたら
それこそ相当なプルーフがたまっているのだから
どこから切り崩してどういう狙いにしようかくらいはもう考えるよりも確かにわかっている筈で。

 

それでもだめなら自分をなおしてくれる場所まで連れていく
バグが出るのがいけないんじゃなくて、そういう場所を知らないことやそこを思いつけない構造が問題


みんなえらいなあすごいなあといろんなひとやものにあこがれている私には、
いまになってもなお自動的に立ち上がった論理を本心と読み誤ってしまう悪癖があって、
全部全部を断ち切るべきなんてことは勿論全くないけれども
実際にそんな癖があるのは事実で、しかもなるべくばれたくないと思っているまでを含めて考えをゆっくり展開しないと話はすぐにあらぬ方向まで飛んで行ってしまう。

伝えたいことも欲しいものも特に思いつかない、
何か忘れていることはあったかもしれないけれど、


どうして昔の時計には鐘がついているんでしょう?

 

それはびっくりするためです。
自分が生きていることすら 忘れてしまったときのため、
毎日60分毎にちゃんとびっくりするために鳴らす仕組みがいるんです。

思いはまだ確かなものとはいえなくって、
でも自分がそうだと思ったことは、ぐるっとまわってここまで還ってきたときに漸く真実に変わっていく。
それはいつでも一番正しかったし、半分だけしか合ってなかった。

だからネジはこっそり巻く
時間は早めてしまえばいい
邪魔をする自分にも私の友人を名乗る誰かにも気づかれないうちに。



だって仕組みは分かってるんでしょって思う。

やるべきことがあるとするなら、油が切れていないかの保守点検業務くらいだと、私は思う。

 

 

 

さて、それはおいておいて、