読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

日記(一年前のライブのチケット)

最近本当に色々なことをする気力が失せていてネットのニュースもブログもろくに見ることもなくもちろんテレビなんかコンセントが入っているのかどうかも確認しないと覚えてないや状態までひたすら遠ざかってひとりで引きこもって悶々としていることが多かったのだけれども、久しぶりにはてなブログのダッシュボードを見てみたら、記事が150を超えていることに気付いた。知らない間に一周年も過ぎていたようだ。
150記事を超えるとブログがどうなるんだったっけ。

先月だったか、その一年前に何をしていたのか考えてみてろくに何も思い出せなかったのだけれどもそうだ私はひたすらブログを書くのに夢中になっていたな。夢中になっていたというか、無理やりそういうことにしていたのだった。

机の引き出しからローソンの封筒に入ったライブのチケットが出てきた。渋谷O-EAST筋少のライブチケットだ。日時は2013年11月16日土曜日。私は渋谷のライブハウスにいったんだった。参戦したライブのチケットがなぜ手元にあるのかというと話は簡単で二枚買ったからだ。一回チケットを失くすというありえないミスをしたからだ。気になってチケットを買った日をネット明細をひっくり返して調べてみたら9月1日だった。
それは確かに自分にとって一番心細かっただろう日で、自分にできることが何もないとようやく腹をくくった日で、ひとつくらい目先に見える楽しみが欲しかったのだった。ずっとどはまりしていたのに筋少のライブにはいったことなかった。私は自分を余程かわいそうだと思ったのだろう。
鞄に楽しみをこっそり入れてなんだかんだ家族の生き死になんていう誰にでも来る超個人的一大イベントを乗りこなそうと思っていた、電車の中で鞄のポケットから何度もチケットを出して広げて見ていたりした。でも途中でどこかに失くしてしまうのが怖くなって机にしまうことにしたのだ。食べ物を埋めて忘れるバカなリスそのままに、しまった場所を忘れてしまった私は大事にしていたチケットがないないないないと大騒ぎして泣く泣くもう一枚買ったんだった。6000円もしたのにその位はした金だと思ったんだろう、大人って嫌だなあと思いつつ。それも父親の命日に。まさか買ったその日が命日になるなんて予測は当然していなかったのだけれども、きっとその日も病院に行く前に、その日はたまたまファミマに寄って、、
何やってんだだったんだな。
ちゃんと、チケット机にしまってあったよ。ずいぶん奥だったけども。

全部終わって、結構放心状態の時期にひとりでこっそりいったライブはそれでもずいぶん私を慰めてくれて、初めて生で見るオーケン兄さんはそのままわけのわからんかっちょいい兄さんで、ステージの上で意味不明な宇宙人の話なんかしつつ、私はずいぶんと笑って、ダメ人間ばかり出てくる唄に夢中になって、狐のライブTシャツを買って帰った。

また行きたいな。