読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

そういえばブログってジャズに似てるかも。

本当は走馬灯の感動について熱く書きたいところだけど、わりこみ。

===========

人の日記を読むのは本当に面白い。このひと頭の中似ているなーというひとの日記を読んで、違う人生やってるような錯覚の中にいたらやっぱり自分とは違うひとで、ははぁそう来ましたかーという自分とは違う流れになるのがたまらなく面白い。
はてなブログにはこういっちゃーだけどネクラでやる気のない人が沢山集まっている。
自分によく似ている。でも第三者なので、きゃっかんてきwに脇から完全な他人事として読むことができる。
やる気がないやる気がないって言ってる癖に毎日ブログ書いているひとがいたら、お前鏡見ろよって突っ込みを待っているのだろうかとか思ってしまったりね。


ブログをふらふらしていたらジャズの話が出ていたので読んだ。

id:grshbさんという人で、この人の日記すごい面白いーと思ったら前に一度ブックマークしてもらった方で恐縮した。恐る恐る引用、させてください。 2013/10/31 - grshbの日記

ロックはどちらかと言うと、こちらの気持ちに合わせて聴く事が多い。もちろんジャズでもそれは同じなんだろうけど、感触として、ロックはその時の感情に擦り寄ってきてくれて、感情を肯定するために聴いているみたいなところがある。ジャズは、当然ものによるけど、音楽の中に世界観が確立されていて、どちらかと言えばこちらがその世界観とか流れとか呼吸とかリズムに合わせるために聴いている風だ。だから調子のいいときはジャズがよく馴染む。

 最近私が好んでいっているのは親父趣味としかいいようがないけどジャズを聞かせる喫茶店で、そこひとりで行って気に入ったLPなりCDなりをメモさせてもらってアマゾンで買って車で聞くという生活にしてもうすぐ一年になる。
ロックはもともと大好きで・・・
そーね、「その時の感情に擦り寄ってきてくれて、感情を肯定するために」聞いていたかもしれない。ピンクフロイドだかの一枚を延々半年位回しっぱなしにしてそれでも飽きないとか、我ながらどれだけ気持ち悪い女だと思う。
でも、最近、ここ一年位、まー家族のことも色々あるけれどちょっと自分の中が結構しんどくなってしまって、ちょっと中の人が休みたいのかなー、としばらく色んな人間関係を意図的にフェードアウトしてOSアップデート的に内省する時間をとっていた。
テレビはもともとあまり興味がないけど、ニュースすら見たくなくなって、音楽も歌詞のあるものは何か言われている気分になってしまう(wwwどんだけ被害妄想なんだか、、)ので大好きなひとのでもうーんて時、クラシックまでいくと大仰すぎ、
消去法的に着いたのが、ジャズだった。全く、わがままというか何というか。


ジャズが「こちらがその世界観とか流れとか呼吸とかリズムに合わせるため」の音楽というのもうまいなぁと思う。
そう、だから、私は彼と逆に思ったのかもしれない。
落ち込んでいるときは、ジャズが聞きたくなる。
自分の中が自分ですでにいっぱいで、他のひとを迎え入れる余裕もない時。
誰かに辛いんだよおぉぉと泣きつくような元気も残ってなくて、同情されてもねぇー、な時。
ジャズは、演奏しているひとが、自分の発明した世界をプレゼンしまくっていて、「あー、いーかも、うんうん」っていう気分で楽に聴ける気がする。かといって特に共感を求められている訳でもなく、勝手に旋律が自由に進んでいく雰囲気が、全然知らないひとと何となく話しはじめちゃったw的で、いい。
そうすると、自分の中に出来た渦のようなものが何故か少し透明に見えて、フラットに戻れるときもある。「なるほどねー」とか、「えー、そうかなー、あたしは寧ろさぁ‥‥」って話したくなったときにはドロドロした渦はほとんど無害に変質してる。
あ、やっぱりブログ読んでるときと似てるなー。

で、わたしの場合は調子いいときはロックかも。
ロックは、元気だそうぜって励ましてくれたり、バカなことを言って笑わせてくれたり、気持ちわかるよ辛いよね、みたいに感じる。大好きなんだけど、今は重い。
基本、ロックは反抗の旗印そのものでメッセージ性強いものだもんね。反抗ばっかりしていたら疲れるし。。。

ロックはめちゃくちゃ気の合ういつもつるんでる奴で、
ジャズは電車に同乗しているちょっとおしゃれで気になるひと、
なイメージ。

自分は不幸だって浸りたいんじゃないんだよ、ごめんだけど、本当に疲れているんですよ、ほっといてくださいよ、、、な弱っているときって、
全然関係ないコンビニのおばちゃんとする天気の話に救われたりしませんか、
自分なんかいなくても全然世界は平和なんですよねーみたいな何でもないシーンにしみじみと幸せを感じませんか、そりゃそうだよね、うんうん、って。
誰かの話を聞いて、そっかぁ人生色々だなー、私の悩みとかマジ大したことないわ、バッカだよなぁ自分、あーぁ、さてさて・・・とか、
違うかなぁ・・・
知らないひと同士で、傘を傾けあったり、寒いですね、とか、またのお越しを、とか、そういう全く害のない、でも温かいコミュニケーションに救われる時期なんだなーと思う。

ブログのゆるさ、もそれに近いのが心地いいんだと思う。星とかブックマークとか、関係のありえないひととの自由でフラットなやりとりがとても温かいです。


いつも来てくださる方、ありがとうございます。