読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

東京でアゼルバイジャンの入国ビザを取ってみたよ

東京は目黒、在日アゼルバイジャン大使館にてビザを取りましたので報告します。

 

※2014現在、空港・国境でのアライバルビザの発行は出来ないそうですので、アゼルバイジャンに入国するには事前に大使館にてビザを発行してもらう必要があります。*1

 

※某地球の歩き方には外国人の滞在登録は30日まで不要とありますが状況は変わっています。

3日を超えて滞在する場合は滞在登録が必要だそうです。3日です。3日。気を付けてください。2泊までは不要です。ホテルのひとに頼めばやってくれますが、基本有料のようでした。

 

<ビザ申請に必要なもの>

項目  詳細
①eVISA http://evisa.mfa.gov.az/ で会員登録(Sign Up)します。
私も結局メールが届いたのは二週間後でしたが、色々とシステムトラブルが多いようです。メールが届かなくても何回もログインしているうちになぜかサインアップできてしまいました・・・謎です。
各種項目を入力して、「status」が「submitted」になればOKです。出てきたPDFを印刷して提出します。
入力でおそらくつまるのは Inviting person(招聘者情報)だと思われますが、通常の観光旅行の場合ホテルの情報を書いておけば大丈夫です。
②査証申請書 PDF様式を記入して持っていきます。
EVISAと内容はほぼ同じです。 
③写真 3×4cm、背景無地
大使館のHPでは二枚とありましたが、一枚でいいと言われて一枚返されました。
④パスポート 有効期間は6カ月以上です
⑤ホテルの予約確認書 基本的に予定を立てることを好まないバックパッカーの方も、ここなら安心。現地払いでキャンセル料もかからない宿を探せます。予約確認書まで出してくれる至れり尽くせりです。ホステル系も割に多く載ってます。アゼルの首都バクーのホステルは一軒しかなかったけど。 

Booking.com

⑥Eチケット 航空券の写
⑦日程表 陸路での入国を予定していたので個人的に準備していきました。

 

<いざ、在日本アゼルバイジャン共和国大使館へ>

◆受付時間:月・木10時~12時
もうしょっぱなから社畜としては辛すぎる狭き門にココロが折れそうになりますが、精神論でなんとかしましょう。
大使館は駒沢大学駅から徒歩20分程の住宅街の一角にあります。国立病院機構医療センターの裏手すぐ、お隣はエジプト大使館。
完全に軽い気持ちで申請にいったところやおら面接らしき何かが始まり非常に焦りました。旅行日程について、アゼルを目指すこととなった動機や、旅行が趣味なのか(仕事とのつながりはないか)などなど聞かれました。しどろもどろになりましたが、親切そうな笑顔と日本語で対応してくださりました。緊張するわ。

 

「なぜ、アゼルバイジャンを目指すのですか」
「・・・別に」


問題がなければ一週間後にビザが出来上がります。
受け取りは当日朝に電話確認の上、来訪します。

受け取りについて郵送を頼みましたがあえなく断られました。こんなときにも友達がいないと人間じゃないみたいな悲しい事実をつきつけられるなんて、、友達がいないから遠くの国まで逃亡しようってのに全く嫌になりますね。一応代理人に頼むのもアリです。

アゼルバイジャンのビザは日本人は無料です。手続きがめんどうくさい中、唯一の救いです。
これを旅行代理店やらビザ代行取得専門店に依頼すると2万円とか普通にかかります。つまり、自分でやった頑張りには2万円分の報酬があってもおかしくないわけです。
大使館から帰るときにこんな天啓が閃き、気が付いたら2万円分の服を買ったりしてしまう自分を責めるよりは、愛してあげよう、デザートもつけよう、

ビザは一ページまるごとサイズのシールです。

受け取りは一瞬でした。提出した日程より余裕をもたせた一カ月分のビザが下りていました。

 

 

アゼルバイジャン大使館のビザ情報の頁(英語)を引用

Welcome to Embassy of the Republic of Azerbaijan in Japan!

Single/Double visa requirements
- One visa application form
- Two recent passport size 3x4 cm photograph (with white background, glued to application form)
- Valid passport (must be valid for at least six months after the expiry date of the Azerbaijani visa applied for)
- Letter of Invitation (one of the following):
    a) Invitation from an Azerbaijani company
    b) Invitation from a foreign company based in Azerbaijan
    c) Confirmation from a travel agency (based in Azerbaijan) and Tourist Voucher
    d) Hotel reservation confirmation
    e) Invitation from an Azerbaijani citizen, accompanied by a photocopy of his/her passport or national identification card

The Embassy reserves the right to request additional documentation or invite applicants for an interview.
Invitations can also be processed in the Consular Department of the Ministry of Foreign Affairs of Azerbaijan.
Both business and tourist invitations should be on the letterhead of the host company/organisation/hotel in Azerbaijan and signed by an authorised individual

⇒Tips レモンちゃんのネカフェから

◆在アゼルバイジャン日本国大使館のHPにはビザの申請書様式から、首都バクーの観光情報、交通事情まで充実した紹介がされていてとても参考になりますよ。
歓迎と中国風に書きつつ工事中と英語だらけで更新する気の全くなさそうな在日アゼルバイジャン大使館HPを見たときの不安感と比べさすが日本は違う、情報にものすごく信憑性がいやいやそんなこと言っちゃーだめですねん。何も言ってません、何も言ってませんよ。

  在日アゼルバイジャン大使館HP

 

◆見た目信頼性の高そうかつ旅行者が参考に出来そうなページをあげときます

アゼルバイジャン | Fieldnet (在外研究者向けサイト、2013年2月現在情報とのこと)

*1:アゼルバイジャン日本国大使館のHPオンリーの情報で、実態は知りません