読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドキドキしちゃう

ダメな人の自己愛ドライブレコーダー

世界のネカフェから  ブログのメイン。管理人の見た世界の不条理。
ツイッター   ゆるふわ日記。思考回路オープンソース企画。

ひとりでいる

久しぶりに残業しないで帰れた。久しぶりに歩きに行きたいと思ったけれど疲れていたのでやめた。最近ものすごく疲れている。あんまりメンタルよろしくない。

 

   ■■■

 

部屋に入って相棒のスタンドアロンな彼のハートに火をつけたところ、灯油がないとの訴えを聞いた。面倒なので一瞬迷ったけれど買いにいくことにした。関係ないけど私の中ではだいたいモノにも性別があるような気がしていて、ストーブとPCは男で車は女だ。つまり、ポメラは男で自転車は女。乗り物系に全部女っぽさを感じるっていうのは端的に言ってあんまり品性的というか女子としてどうなんだろうかしらと思うけれどすいません。生まれてすいません。とにかく、ヨーロッパのコトバには詳しくないけれどもものに男とか女とかつけたくなっちゃう気持ちはすごくよくわかる。でもね、そういうこと考えるのってどんだけ暇なひとだと思うよ、日本人はエコノミックアニマルで本当によかったよね。待って待って、いまエコノミックといったけれど、ここにフリーエコノミーの概念を加えるとどうでしょう、突然ワルグチっぽさが消えると思いませんか? ひとあじ変えて再生工場ってのが日本文化の神髄とか、どーですかみなさん。
性別のあるモノと無性別のモノとの違いとは何かという私以外には意味不明であろう話に踏み込むのはまた今度にして日記に戻ると、とにかく灯油を切らしていたので買いにいくことにしたのです。歩いて。最寄りのガソリンスタンドは徒歩5分のところにあるのでわざわざ車をまた出すのは何だなと思って。ただあまり公道を例の赤いポリタンクをもってうろついている人間を私は見たことがないのでちょっと恥ずかしかい気がしてなるべく真っ暗な道を選んで行った。無事にほとんど誰にも会わなかったので田舎でよかったと思った。私は普通のだと満タンにしたときに持てなさそうなので、10Lしか入らない半分のサイズを愛用していてとても気に入っている。お気に入りのポリタンクを持っているアラサーってどうなんだろうと思うけど持っているものは仕方ないでしょう。アマゾンでも売ってるよ。赤くてかわいいと思っているよ。
行きはよいよいでFishmansを口の中で歌いながら行った。そうそう、そうなの、目的は何もしないでいることです。行動はいつもそのために起こすのです。わ た し もー!!!って思う。いったいなんて力強い宣言なのかしらといつもため息が出るくらいに奮いたたされるので私は彼らの曲が大好きだ。どのくらい好きかというとmanの複数系ってmenじゃないんだっけとかおそらく余計なことを考えてもなおかつやっぱり好きだという結論が出るくらい。彼らの曲はけだるいドロドロの夏にぴったりなものが多数だけれども逆説的にこんな寒い日に聞くのもなを。ひとつ、ふたつ、やる気ゼロな歌詞が口をついて出るもをかし。
ハローハロー私の声が聞こえますか、みんながみんな、気ままにフリーエコノミーに好きなことに夢中になっている世界、彼らが歌った世界、すばらしくナイスチョイスな、つまり自由意志に基づいた選択にみんながそれぞれ責任を持てる、それが日の本の国の真の姿、あなたそうは思わないこと、普通のままで、だがそれがいい普通の国がいい、米軍基地はいりません、原発なんかもいりません、ああ、もう疲れてしまいます、こんな話はやめましょう、はい何だっけ。
灯油はキリのいい数字で買わないと小銭がいるのでいつも勝負!って感じになって集中する。そういう訳で今日も1000円ポッキリで買えてよかった。帰りは行きよりずっと重かったので歌を歌っている余裕はなかった。私はポリタンクを運ぶ仕事に夢中になっていたから。呪うべきはったった10kgの荷物すら軽々と運べないほどにヒヨワな自分よ。あれ言い過ぎたかな、
麻婆茄子が食べたいと思った。すごく辛くして食べたいと思った。だけれども冷蔵庫を開けてみたら目的にかないそうな具材は豚挽きのみで茄子があったような気がしたのは気のせいだった。豆板醤すらなかった。代わりになぜか大量にさつまいもがあったので、仕方なく、さつまいもと肉で味噌あんかけにした。あまりあんかけを作ったことがなかったので適当にやってみたけれどイメージ通りにできたし青梗菜もいれて少し華やかになったのでよしとした。ちゃんとおいしかった。あとは舞茸と梅干で炊き込みご飯を作って、こっちは今一歩の出来だったので残念。疲れているのでこんなもんだと思う。

 

   ■■■

 

実際問題コレくらいどうでもいいこと書くのって結構なストレス解消になるなと思う。本当に最近たまりすぎていてやばいと思うし今週はしょっぱなから破綻が多いのでどうにかと思っていたからやっぱりはてなブログを選んだのはすばらしくナイスチョイスだったなと思う。こんなもんだ、うんうん大丈夫。多分。

 

でー、

ここから一気にトーンダウンするけれどもwww だいぶ自信を喪失している。いくないかこわるい。
(冷静に見ても外形的な問題はゼロに近いから大丈夫なんだけど、)

 

 「大丈夫、おまえはやれる」拒否された10円玉をきつくねじこむ

 

私の大好きな短歌。誰が書いたか知らないけれど、穂村弘選の短歌集で見つけたのだ。がんばれ10円玉。信頼っていうのはこういうことだと思っているんだけど、
自信っていうのはそのまま自分への信頼感で
いやね、危ういのは危ういってのはよくわかっているけどー、怪しげなトートロジーにはまるかはまらないのかその境目を決めるのは自分で・・・選択には責任が伴う。だから自分しか頼りにならないのに、曖昧にどっちか気持ちのいいほうに逃げているインチキくさい自覚だけがある、こっちでもないあっちでもないと空を仰いで、フロンティアの宇宙に向かって「この空だけがいつだって味方だった」っていったってそんなの誰だっておんなじでしょ。ほかの人はどう思っているか知らないけど、基本誰だって私しかいない。

 

曲がったコインがどうしても使えないって話になればコーヒーは買えないんだし、コーヒー飲めなくたって死にはしない。一瞬悲しいだけでそれだって30分後には忘れてしまうかもしれないじゃない。
まさか、心地よい時間を過ごすことそれ自体がそんーなに嫌なんですかって、そんな無茶が本音である訳、そんなのある訳がないのだ、なのにこの憔悴感はなんだ。

 

あーあーあーー。

 

切ったはったの理論武装はいくらだって出来るけど、そうじゃなくって、自分のドロドロしたものをどんどんハッキングしていって一気に崩せる急所みたいなものがないかなってずっとずっと探している。でもそもそも実体なんか何もないんだから、崩すも何もそれ自体全部気のせいで、

 

疲れた。

 

OK認めよう。もう恋愛云々できるころかもと思ったことは失敗だった。まだ早かった、ダメだった。それでいい。今はそれで十分だ。

単純に、さみしいだけだ

 

「わたし、シーモアとお話したい」とフラニーちゃんが言う。そのたびに私も同じに疲れきってしまって本すら閉じてしまう。
何のおにぎりが好きですか。そういう話がしたいんだ。そう、この話も今度書きたいなって昨日思った。

 

私の声が聞こえますか

 

 

 

違うな、

正確にはさみしいというよりかは つまんなーい が合ってるんだろうなぁ。

あーあ。でもこんな日があることも今の現実。やだなあ。

 

 

 

フラニーとゾーイー (新潮文庫)

フラニーとゾーイー (新潮文庫)

 

 

 

空中キャンプ

空中キャンプ